■ 我が家の耐震診断

    かんたん耐震チェック

問 1〜10にある該当項目にチェックしていただき、最後の「診断」ボタンを押してください。
※地盤については考慮していませんので、ご自宅の地盤の影響については専門家にお問合せください。


    問 1)建てたのはいつ頃ですか?



1981年6月に建築基準法が改正され、耐震基準が強化されました。1995年阪神淡路大震災において、1981年以降建てられた建物の被害が少なかったことが報告されています。



    問 2)いままでに大きな災害に見舞われたことはありますか?



床下浸水・床上浸水・火災・クルマの突入事故・大地震・崖上隣地の崩落などの災害に遭遇し、外見では分からないダメージを蓄積している場合は専門家による詳しい調査が必要です。



    問 3)増築について



一般的に築後15年以上経つと増築を行う事例が多いですが、その増築時、既存部の適切な補修・改修、増築部との接合をきちんと行っているかどうかがポイントです。



    問 4)傷み具合や補修・改修について



建物全体を見渡して判断して下さい。屋根の棟・軒先、柱が傾いている、建具の建付けが悪くなったら老朽化と判断します。また、白蟻の被害がないかも判断材料になります。



    問 5)建物の平面はどのような形ですか?



自宅の1階平面が大まかに見て、長方形もしくは長方形と見なせるか、L字型・コの字型等複雑な平面になっているかで判断します。



    問 6)大きな吹き抜けがありますか?



大きな吹抜があると、地震時に建物をゆがめる恐れがあります。



    問 7)1階と2階の壁面が一致しますか?

ツーバイフォー工法

大地震時には床から壊れる恐れがあります。枠組壁工法の木造(ツーバイフォー工法)は耐力が大きい工法です。



    問 8)壁の配置はバランスがとれていますか?



壁の配置が片寄っていると、同じ木造住宅の中でも壁の多い部分は揺れが小さく、壁の少ない部分は揺れが大きくなります。そして揺れの大きい部分から先に壊れていきます。



    問 9)屋根葺材と壁の多さは?



瓦は優れた屋根葺材のひとつです。しかし、やや重いため採用する建物ではそれに応じた耐力が必要です。



    問 10)どのような基礎ですか?



鉄筋コンクリートによる布基礎・ベタ基礎・杭基礎のような堅固な基礎は、その他の基礎と比べて同じ地盤に建っていても、また同じ地震に遭遇しても丈夫です。






株式会社アルトワン 〒596-0833 大阪府岸和田市神須屋町390番地 TEL 072-427-3456 FAX 072-427-5411